業務のご案内

大規模修繕工事の内容

共通仮設工事
共通仮設工事とは、工事を行う上で必要な仮設物を設置する工事です。
主に工事用掲示板・洗濯物情報の設置・各所養生、現場事務所や材料置場・仮設トイレの設置を行います。
工事用掲示板 工事用掲示板の設置
マンションにお住まいの皆さまにとって、分かりやすく、見やすい掲示板を心がけて工夫をしています。

工事についての冊子 工事についての冊子
工事期間中、建物の状態や進捗状況を居住者の皆さまに理解していただくための冊子を作成し、ご自由にご覧いただけるように設置しています。

エレベータの養生 エレベータの養生
工事中、資材の運搬・搬入を行う際にキズがつかないよう、事前に養生を行います。

現場事務所・仮設トイレ・手洗い場設置 現場事務所・仮設トイレ・手洗い場設置
現場の敷地や周囲の状況に合わせ、事前に設置場所やサイズを決め、現場事務所やトイレの設置を行います。
足場仮設工事
足場仮設工事とは、手の届かない高所の作業を行うために作業床・作業通路を設置する工事です。
足場組立作業中 足場組立作業中
足場組立期間中は、資材運搬のトラックが敷地内に入る場合があり、安全面には十分注意して行います。居住者の皆さまが安全に通行できるよう、誘導員の配置やカラーコーン・安全通路標示等を設置します。

足場組立完了 足場組立完了
足場の外側には落下防止、および材料飛散防止のメッシュシートを張ります。

足場出入口防犯ドア 足場出入口  防犯ドア
足場設置中は外部からの侵入を防止するため、鍵付きのドアや防犯用センサーライトを設置します。

下地補修工事
下地補修工事は、建物のひび割れ・浮き・鉄筋爆裂・欠損部などを補修する工事です。
建物の寿命を延ばすとともに、その後に行う「塗装工事」「防水工事」においての仕上がりに大きく影響する重要な工事です。
下地補修前 下地補修前 マーキング完了
補修箇所を内容によって色分けしてマーキングします。写真は、地震による欠損の様子です。

下地補修完了 下地補修完了
上記写真の補修後です。コンクリートにステンレスのピンを埋め込み、そのピンにワイヤーを巻きつけたあとモルタルを埋め込んで補修しました。
シーリング工事
シーリング工事とは、外壁の目地やサッシ廻り・建具廻りの隙間をシーリング材で充填する工事で、主に気密性の確保と漏水防止を目的としています。
既存シーリング撤去 既存シーリング撤去
カッターで切れ目を入れてマイナスドライバー等で撤去します。

シーリング材充填 シーリング材充填
シーリングを打ち込んでいます。筒の中に材料が入っています。

外壁高圧洗浄工事
外壁高圧洗浄工事とは、高圧洗浄機を使い、外壁に付着した汚れを除去する工事です。
汚れをきれいに除去することで塗装や防水材の密着を良くする目的もあります。
試験洗浄 試験洗浄
高圧洗浄前と後の比較写真です。汚れがきれに落ちていることがわかります。

内外壁塗装工事
内外壁塗装工事は、主に塗装面の保護と美観を復元するための工事です。
養生 養生中
塗装前にしっかり養生します。養生は周りを汚さないためだけではなく、タイル壁と塗装壁の見切りに、しっかり線を出すためにも重要です。

下塗り 下塗り
下地調整(ひび割れ補修箇所等を消す)のためと上塗りの塗料の密着を良くするために下塗りを行います。

中・上塗り 中・上塗り
中塗りのあと、上塗りをします。塗装が1回と2回では艶が全く異なります。

鉄部塗装工事
鉄部塗装工事は、玄関扉枠、PS扉、消火器設備、駐輪場等の塗装を行う工事です。
ケレン ケレン
塗装面を磨きます。

下塗り 下塗り
錆止め材を塗布します。

中・上塗り 中・上塗り
元の色に近い塗料を2回塗ります。
防水工事
防水工事は、屋上、バルコニー、共用廊下・階段等の補修を行う工事です。
改質アスファルト防水、シート防水、塗膜防水などの種類があります。
ここでは屋上の塗膜防水を例にご紹介します。
ケレン ケレン・清掃
下地面を磨きます。

下塗り 下塗り
下塗り材を2回塗布します。

上塗り 上塗り
上塗り材を塗ります。

ページのトップへ戻る